<< 素朴な農夫のキャロットケーキ | main | コーラ・ケーキ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

1・2・3・4のケーキ

発掘レシピ癸
「1・2・3・4ケーキ」
〜留学主婦のアメリカンケーキ(平野顕子著)

1カップのバター、2カップの砂糖、3カップの小麦粉、4個のたまごを使うことから、
こう呼ばれるケーキだそうです。

【材料】
21センチのケーキ型(丸型2つ)

無縁バター(室温にもどす)…1カップ
砂糖…2カップ
薄力粉…3カップ
たまご(大)…4個
水または牛乳…1カップ
ベーキングパウダー…小さじ3
塩…小さじ4分の1
バニラ・エクストラクト…小さじ1(エッセンスなら2、3滴?)

【つくり方】
(1)オーブンを180度に温めておく。
(2)バターをクリーム状になるまで練る。
(3)上記の(2)の中に砂糖を3回に分けて入れ、白っぽくなるまで完全に混ぜ合わせる。
   さらにハンドミキサーを使用し、たまごを1個づつ加え混ぜ合わせる。
(4) 粉類(薄力粉、ベーキングパウダー、塩)を2回ふるっておく。
(5) 上記の(2)の中に、粉類と牛乳を交互にいれ、よく混ぜ合わせる(3回に分けていれる)
   バニラ・エクストラクトも加え、さらに混ぜる。
(6)2つの丸型の内側にそれぞれバターをまんべなく塗り、(5)の生地を流し込む。
(7)180℃のオーブンで約25分焼く。
(8)出来上がった2つのケーキの間に好みのもの(ジャム・ホイップした生クリーム・チョコレートなど)をはさんで出来上がり。

〜留学主婦のアメリカンケーキ〜
内容(「MARC」データベースより)
45歳をすぎてからアメリカのコネチカット州立大学に留学。
英語の勉強を続けながら悪戦苦闘のすえ卒業した。
若い学生とおくった学生生活と、そこで得たものを描く。
ニューイングランドのデザートたちも紹介。


この著者を知ったきっかけは、ずいぶん以前のNHKのお菓子作りのコーナーでした。
けっこう歳をとられてからの、アメリカ留学の経験を持ち、そこでアメリカの家庭でつくるお菓子を覚えたそうです。
アメリカの家庭では甘いものが好きだから、毎日のように家でお菓子をつくるそうです。
だから、そう凝ったものよりも、合理的で簡単なお菓子レシピがいっぱいあるのだとか。

留学主婦のアメリカン・ケーキ
留学主婦のアメリカン・ケーキ
平野 顕子

21のアップルパイ―お菓子作り初心者でも、気軽に作れる簡単レシピ
21のアップルパイ―お菓子作り初心者でも、気軽に作れる簡単レシピ
平野 顕子, Cheryl M Jean



rakuta * デザート編 * 23:01 * comments(0) * trackbacks(1)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 23:01 * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

貴方の将来占います

自分自身の未来、自分でも気付かなかった本当の姿…知りたくないですか?

From ◇占いの館◇ @ 2005/08/15 8:25 PM
このページの先頭へ